忍者ブログ



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大腸がんの手術 早期がん
大腸がんの治療は、基本的に手術によってがんの部分を切除するという方法が用いられます。 また、大腸がん手術の具体的な方法については、がんの進行の程度や、がんが出来た場所などによって変わってきます。 大腸がんの進行程度については、大腸の壁の ...(続きを読む)

大腸がんの自覚症状
結腸がんの手術大腸がんの治療は、手術療法が基本です。早期がんの場合でも手術が必要になる場合があります。結腸がんの場合、切除する結腸の量が多くても、術後の機能障害はほとんどおこりません。リンパ節郭清と呼ばれるリンパ節の切除とともに結腸切除 ...(続きを読む)

大腸がん精密検査
手術で全摘出が難しい癌手術で摘出する場合、病巣部をきれいに摘出するのが基本ですが、悪性グリオーマは浸み込むように周囲に広がっているので、機能領域に達している場合など、後遺症が残るために、十分にとることができません。 ...(続きを読む)


大腸がん・内分泌細胞癌について知っていらっしゃる方、お願いします。
大腸がん・内分泌細胞癌について知っていらっしゃる方、お願いします。義父が、大腸がんになりました。手術にあたって検査していく段階で、その癌が珍しい「内分泌細胞癌」だとわかりました。この内分泌細胞癌についてわかる特徴を教えてください。義父は一昨年心臓を手術し、大動脈に機械弁が入っており、二日前に大腸開腹手術をしました。インフォームドコンセプトの時、主治医から「あとでこの、癌(内分泌細胞癌)の話をします」と言われたきり、聞きそびれてしまったので、とても心配しています。今の段階ステージⅢa(希望的観測)と、言われています。(続きを読む)

大腸がんの治療中の夫(40才)ですが、腹部大静脈の中に転移ガン病巣があり、すでに...
大腸がんの治療中の夫(40才)ですが、腹部大静脈の中に転移ガン病巣があり、すでに肺にも転移と思われる影が見られます。膀胱の上にも腫瘍があって左右の尿管を塞いでしまい、近日尿管ステントの手術を行ないます。こういう状態ですと、今後どういった症状が見込まれますか。夫は3年前の春に直腸がんの摘出手術を行い、昨年春に骨盤内の大静脈分岐点上のリンパ節に転移、抗がん剤1クールと放射線治療を行ない、転院して少量の抗がん剤で体へのダメージを最小限にした治療を行なっていました。幸い副作用で苦しむことはなくこの1年予想以上に平穏に過ごしていましたが、GW過ぎより貧血症状がひどく、先月400cc、今週800ccの輸血を受けました。またクレアチニンが今月に入って激増し、先週は5.14にまでなったため急遽カテーテルの処置を行い、来週はステントを入れることになったのです。自覚症状は貧血以外特になかったので、なんだか数値に振り回されているような感じなのですが、これまであまり症状がなかったのが珍しいのでしょうか。先生と話している時に、できれば点滴を続けてほしいけれど、家に帰れるうちに退院しておいた方が・・・なんて発言が出てきて、受け止めるのが精一杯であとどれくらいかなんて聞けませんでした。もう、覚悟しておいた方がいいのでしょうか。(続きを読む)

仕事中に、おなら
仕事中に、おなら私はスーパーのレジで働いてます。仕事中も休憩中も常に回りには誰かが居るので、おならをしたくなった時とても困ります。休憩中はトイレに行けるのですが、仕事中は直ぐにレジを止めれない時が多いため我慢するしかないんです。その時に出せなかったら、もう出なくなってしまって下腹辺りが張って痛くなって・・・こうなるともうトイレに行っても出なくてしまうんです。家ではかまわず出しているので、こんな我慢はとても辛んいです。同僚に「こんな時どうしてるん?」と聞いてみたのですが、皆「そんなにしたくならんから分からん」って言うし・・私は人よりもガスが溜まりやすい体質なんでしょうか?それとも他に何か原因があるのでしょうか?皆さんは、仕事中や外出先でおならをしたくなった時どうしてますか?それと・・・ガスが溜まりにくい体質になるにはどうすれば良いのでしょうか?知ってる方、教えて下さい(続きを読む)



PR



この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カテゴリー
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 大腸がんについて All Rights Reserved